海外の不用品回収事情

日本での不用品も海外では必要品に!リユースの選択も視野に入れよう

海外へ輸出するための賢い方法とは

トラブルに巻き込まれない為の事前準備

個人的に処分または売買する場合は、自己責任意識も強いですが、回収業者に依頼する場合は、しっかりと知識を身に付け、準備をしておきましょう。
不用品が出た場合、捨てる以外の方法がいくつかあります。
まず、フリマアプリなどで個人的に売買する方法ですが、自分で自由に価格が決められ、希望者がいれば売買成立となります。
次に、リサイクルショップに持ち込んだり、ネットで業者に買取してもらう方法ですが、こちらは自分の希望価格ではなく、買取業者側が価格を決め、商品を買ってもらう仕組みです。
どちらの方法でも売れない物は、回収業者に依頼することが多いでしょう。
上記2つの方法の際は、出す物の相場と内容を事前に確認して、交渉に臨みましょう。
回収業者に依頼する場合は、ネット等で各業者のサービス内容や評価を確認することはもちろんですが、複数の業者から見積りを依頼して、自分に合った業者を選択しましょう。

こんな業者は要注意!騙されない術とは

自分にとっての不用品をただ処分するのではなく、誰かに喜んで使ってもらえれば、お互いに幸せな気分になれます。
特に、大切に使ってきて、まだまだ使用できるが手放すことになったものなどは尚更です。
また、家には置いておけない大型のものは、値段は付かなくとも、回収してもらえるだけでも助かる場合もあります。
そんな時、回収業者へ依頼することもあると思いますが、注意点は、優良業者ばかりではないというところです。
業者によっては、無料と言いながら、後から料金を請求してくるところや、回収自体が雑、個人情報を漏洩されたなどの被害も出ています。
優良か悪質か見極める方法としては、事前見積りや口コミ評価と並行して、業者特有の廃棄物許可やプライバシーマーク等の資格を所有しているかと、海外輸出を行っている業者の場合は、販売ルートや過去の実績を必ず確認しましょう。


この記事をシェアする